船橋のデリヘルで楽しめたという体験エピソードを綴っています。

船橋のデリヘルで楽しめた体験エピソード

デリヘル昇天天国

船橋の若妻デリヘル嬢としっぽりプレイ

投稿日:2016年4月5日 更新日:

ヒト妻…他人の妻を私が…☆なんて考えるともうタマらんのが私でし。でも熟した妻はちょっと違うんで、艶のある若妻をつまみ喰いしてみましょう。船橋のデリヘルだと路上待ち合わせが出来るというので、デリヘル嬢と手を繋ぎ不倫気分を存分に楽しんでみることにしました。お相手はS子さん(26歳)という女性。

船橋の若妻デリヘル嬢としっぽりプレイ

ニコニコして私の元へ駆け寄ってきた彼女にちょっとドキドキしながらも、違和感なく私は彼女をラブホへエスコートしました。船橋のラブホテルでもどこかしっとりした雰囲気を醸し出すデリヘル嬢でありましたが、欲求不満であることは間違いナイッ! 早速お風呂に入ってボディチェックをして差し上げましょう♪

シャワーを浴びながら私が彼女の瞳を見つめると、うつむき加減で恥ずかしがる女性でした。その姿に私のジュニアが頭を強烈にもたげた。今からのプレイが楽しみであります!バスタオルを巻いてベッドに戻り彼女を抱きしめた。柔らかい女性の肌。コレだよコレ!

彼女を寝かせゆっくりバスタオルを剥がす…「いやっ…恥ずかしい…」再び顔を背ける彼女。私は彼女の胸に変態顔を埋めチュパチュパと乳首を舐め上げました。「ふうん…あん!」彼女の白いおっぱいが柔軟に形を変える。そこから脇の下や太腿、そして!「はうっ!」彼女の花弁から既に垂れ流されていた愛液を舌と指で喉に通す。彼女の体はみるみるうちに紅潮していき、遂には私の頭を強く掴みながら昇天してしまったのでした…。

ここまで辱められたデリヘル嬢が本気にならないわけはがない。私に跨った彼女は見せたこともない妖艶な表情で私の体を愛し始めました。フェラなんてすごく丁寧で巧みでもあった。こちらの要求にも素直に対応できる点なんて妻ならではでしょう。

そんな愛すべき彼女とのフィニッシュも壮絶でした。私のわがままでベッドではない場所で背後位素股を敢行!という贅沢なフィナーレ。彼女も「あんあぁん…もっと!」と激しくよがりながら、私はドピュッと放出したのでした。

極端な願望は難しいですが、ちょっとしたシチュエーションなんかはかなり楽しめるのは船橋のデリヘルの良い処かもしれません。激戦区だけに船橋のデリヘルで極度な不細工を案内していたら、あっという間に不評はネットで散々叩かれますもんね。それだけに船橋のデリヘル店は求人に力を入れており、出来る限り上質な女性を如何に採用するかというのが人気の秘訣とも言われています。

-デリヘル昇天天国

Copyright© 船橋のデリヘルで楽しめた体験エピソード , 2017 AllRights Reserved.